出不精さんのblog

雑記です( ̄▽ ̄)

格安SIM(MVNO)乗換のハードル!?APN設定は簡単ですよ!

ブログを更新しました。

debusyomidori.com

 

トップページはこちらです。

debusyomidori.com

格安SIM(MVNO)はどれがいい?通信会社で決めてみよう( ̄∇ ̄)

ブログを更新しました( ̄∇ ̄)

debusyomidori.com

 

トップページはこちらですm(_ _)m

debusyomidori.com

格安SIM(MVNO)はどれがいい?スマートフォンで決めてみよう!

ブログを更新しました。

debusyomidori.com

 

トップページはこちらですm(_ _)m

debusyomidori.com

生活コストを下げたいなら格安SIMに!これってアリです( ̄∇ ̄)

ブログ更新してます( ̄∇ ̄)

 

debusyomidori.com

 

トップページはこちらですm(_ _)m

debusyomidori.com

ワードプレスをはじめました( ̄∇ ̄)

こんにちは!

 

常に見切り発車の出不精です( ̄∇ ̄)

 

今回ワードプレスをやってみたいと思って色々調べながらはじめました。

 

まだまだな代物ですが暖かく見守ってもらえればと思います。

 

こちらです。

出不精さんのブログ

 

ぜひ覗いてみてくださいm(__)m

 

それでは、また( ̄∇ ̄)

Apple製品を売ったり譲ったりするときはこれだけはやっておきましょう( ̄∇ ̄):iPhone,iPad編

こんにちは!

 

Final Cut Pro Xトライアル版をテスト中の出不精です。

 

新しいソフトはウキウキしてしまいますね(*´ω`*)

 

今回はこのブログの続きでiPhoneiPad編です。

green-mikazuki.hatenablog.com

 

iPhoneiPadは前回のMacOSよりちょっと複雑ですね。

 

気をつけていきましょう(`・ω・´)ゞ

 

これだけはやっておこう。

  1. AppleWatchとのペアリングの解除(持っているなら)
  2. バイスバックアップ
  3. iPhoneを探す」をオフ
  4. iCloudからのサインアウト
  5. iTunesStoreとAppStoreからのサインアウト
  6. リセット(デバイスからデータ消去)

若干手順が多いですかね(´・ω・`)

ただやってみるとすぐ終わりますよ。

 

1,AppleWatchとのペアリングの解除

出不精はAppleWatchを持ってないですが持っている場合は解除しておいてください。

iPhoneとAppleWatchどちらからでも解除できます。

 

2,デバイスバックアップ

iCloudiTunesどちらでもバックアップはできますがiCloudDriveを普段から使っていて容量も増やしているのだったらiCloudのほうが楽です。Wi-Fiに接続された時点でバックアップしてくれるので。もちろん手動でもしてくれます。

今回はiCloudバックアップを紹介します。

 

iCloudバックアップ

  1. バックアップしたいデバイスWi-Fi接続
  2. 「設定」→「ユーザ名」→「iCloud」(ユーザ名は設定で入った画面の一番上の名前のところですよ、出不精もそうでしたが案外わからないんですよね、どこ(・・?ってなります。)
  3. iCloudバックアップ」をポチッと
  4. iCloudバックアップがオンになっているか確認(オンになっていなかったらオンにしてください)
  5. 「今すぐバックアップを作成」をポチッと。(一応すぐ下に「最後に作成されたバックアップ」ってあるのですが表示されている時間が近くても一応バックアップしておいたほうがいいです)
  6. バックアップ終了まで待つ。

こんな感じです。

 

ちなみにiCloudバックアップの自動化の条件

  1. iCloudバックアップ」がオンになっている
  2. バイスWi-Fiに接続されている
  3. 画面がロック状態になっている
  4. iCloudストレージにバックアップに必要な容量が余っている

こんな感じです。多分ですがiCloudDriveは5GBの容量が誰でもついてますがこれじゃ足りなくなるので50GB=130円の契約をしないと容量不足で自動バックアップはできないと思います。

ちなみに出不精はiCloudは50GBですね。

 

オンラインストレージはOneDriveがメインなので。Office365契約してますし。1TBですからね。オフィスソフト使うなら使わない手はないです。

 

3,「iPhoneを探す」をオフ

これって意外と盲点なんですが売るにしても譲るにしてもオフにしておかないと以前の所有者のAppleIDが必要になってくるので注意してください。

 

iPhoneを探す」オフのやり方

  1. 「設定」→「ユーザ名」→「iCloud」をポチッと。
  2. iPhoneを探す」をポチッと。
  3. オフにしてください。(AppleIDのパスワードを求められます)
  4. オフになったのを確認してください。

こんな感じです。

 

4,iCloudからサインアウト

気をつけてほしいのデータ等を消去するのは最後(6番目のリセット)なのでiCloudにサインインした状態で連絡先やリマインダー、写真などを消去してしまうとiCloud自体からデータが消去されてしまうので気をつけてください。

 

iCloudからサインアウトのやり方

  1. 「設定」→「ユーザ名」をポチッと。
  2. 一番下に「サインアウト」とあるのでポチッと。
  3. 幾つかのデータを今使っているデバイスに残すか聞かれますが初期化するのでどっちでもいいです。データはiCloudには残ります(デバイスに残すか聞いているだけなので)。
  4. サインアウトされているか確認してください。

 

5.iTunesStoreとAppStoreからのサインアウト

やり方はこちら

  1. 「設定」→「iTunesStoreとAppStore」をポチッと
  2. 一番上の「AppleID」をポチッと。
  3. 「サインアウト」をポチッと
  4. サインアウトされたか確認してください。

 

6.リセット(デバイスからデータ消去)

リセットのやり方

  1. 「設定」→「一般」をポチッと。
  2. 下にある「リセット」をポチッと(ios11は下から2番め、それ以前は一番下)
  3. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をポチッと。
  4. パスコードの入力画面になります。
  5. 入力したら「iPhoneを消去」と出るのでポチッと。
  6. 消去待ちです。
  7. 再起動して初期画面の「ようこそ」画面になれば終了です。

 

以上で終わりです。少し長かったですかね?

少々複雑なんですがやってみるとすぐに終わります。

 

売却、譲渡する側も新所有者もマナーよくやり取りできるといいですね。

 

それでは、また( ̄∇ ̄)

アップル製品を売ったり譲ったりするときはこれだけはやっておきましょう( ̄∇ ̄):MacOS編

こんにちは!

 

この頃体重の減りが停滞気味で若干焦り気味の出不精です( ̄∇ ̄)

 

ここ1ヶ月でアップル製品を売ることが2回ほどありました。

 

売ること自体は特に問題なく済んだんですがアップル製品って「Windows」や「Android」と違って製品同士の親和性が高いからなのか製品の単純な初期化とかではなく

  1. あれからはサインアウトする
  2. あれは切っておく

など結構制約というか決まりみたいなのが多いなと思ったんですよね。

なんか忘れやすいのでご紹介がてら書いておこうと思いました。

 

ちなみに売ったのはこの機種です。

  1. MacBook Air 2012
  2. iPhone5s(ワイモバイル)

です。

 

MacOS搭載機でやること→MacBook Air 2012の例

  1. バックアップ作成
  2. iTunesからサインアウト(認証を解除)
  3. iCloudからサインアウト
  4. iMessageからサインアウト
  5. MacOSを消去して再インストール

上記のことはやっておいたほうがいいですね。

 

1,バックアップ作成

必要であればで良いと思います。実際出不精はバックアップ取らなかったので。データは全てクラウドか外付けHDDにありますし。

 

2,iTunesからサインアウト

ここで言うアインアウトは「認証を解除」のことであって単純なサインアウトではありません。今から説明するウィンドウの近くに「サインアウト」と「認証を解除」があるので間違えないように注意してください。

 

iTunesを起動して上部メニューの「アカウント」をクリック→「認証」にマウスオンすると「このコンピュータから認証を解除」の項目があるのでクリック→AppleIDとPasswordを入力して「認証を解除」をクリック→終了

 

「認証を解除」と「サインアウト」は違うので気をつけてください。

 

3,iCloudからサインアウト

必要であればバックアップをお願いします。

 

ここで「Macを探す」(iPhoneを探すみたいなものです)を設定しているのであればiCloudからサインアウトする前に解除する必要があります。

 

「システム環境設定」の中の「iCloud」をクリック→「Macを探す」にチェックが入っていればそのチェックを外す→チェックを解除したらiCloudからサインアウト→ここでiCloudのデータを操作しているMac上に残すか聞かれます。あくまで操作しているMac上から削除されるだけで同じIDで使っているiCloudのデバイス上にはデータは残ります。なので不具合でOS再インストールなどの状況でなければ操作している端末のデータは必要ないのでデータは不要かと思います。

 

4,iMessageからサインアウト

メッセージアプリを開いて上部メニューのメッセージをクリック→「環境設定」をクリック→「アカウント」から自分が使っているアカウントを選択してサインアウト→終了

 

OS X Mountain Lion以降に必要な操作です。

 

5,MacOSを消去して再インストール

知り合いに譲るなど特に初期状態に戻す必要がなければこの操作は必要ありません。

ただ売る場合など他人の手に渡る場合は基本的に工場出荷状態に戻す必要があります。

 

MacOSの再インストールのやり方はこちらをどうぞ。 

green-mikazuki.hatenablog.com

 

MacOSの再インストールが終わると再起動後に「ようこそ」の初期設定画面になります。この状態が初期出荷状態なのでこのまま「command+Q」を押して電源を切ります。この状態になると次に手にする方も「ようこそ」の初期設定画面から操作を始めることになります。

 

注意点は操作するMacBookの初期に入っていたOSのバージョンを入れておいたほうがいいです。今のバージョンのSierraを入れている場合はそのままSierraを入れられる状態にもできますが買い取りして貰う場合は店側から初期状態のOSを入れてくださいと言われるかもしれません。出不精は「メルカリ」で売ったのでこの辺はなんともいえません。ちなみにそのMacBook Airは初期出荷状態のOSにしておきました。

 

green-mikazuki.hatenablog.com

 

iPhoneはまた別の機会で書きますね。

 

そろそろHighSierraのバージョンアップが始まりますね。

IOS11も良かったので楽しみですね(^O^)

 

それでは、また( ̄∇ ̄)